今年の春、買うべき服は?

今年の春、買うべき服は?1枚で可愛くなれるレディース服はコレ

 

明るい、楽しい、気持ちいい!

 

今年のレディース春服のトレンドは、着るだけでハッピーになれるものが多いような気がしますね。

 

中には、春コーデを頑張りすぎなくたって、こなれ感を出すのにコーディネートや着こなしに工夫しなくたって「これ1枚着るだけで可愛なれる」トレンド春服もあります。

 

自分が心地よい素肌を見せる服は、それ1枚で可愛くなれる

 

肩を見せるオフショルダートップス

 

オフショルダートップス

肌見せの分量を自分好みに調節できるオフショルが、CherShore (シェルショア)から登場。

 

カットオフしたスウェットとニットキャミの、渋めな配色と80年代っぽいヴィンテージ感が魅力です。

 

Perle Peche(ペルルペッシュ)からは、さりげない肩開きが特徴の丸首コットンブラウスがでています。たっぷりとしたシルエットと、綿の肌ざわりが気持ちのいいトップスです。

 

ギャザーをたっぷりと寄せたイエローのオフショルダーは、ROSE BUD(ローズバッド)の春の新作。袖口にあるギャザーが、シルエットにメリハリをつけてくれます。

 

背中を見せるデザイントップス

 

背中見せトップス

前から見ると普通のボートネックになっていて、背中側が広く開いたトップスが流行中。

 

TOMORROWLAND(トゥモローランド)のボーダーカットソーは、インナーなしで1枚で着てもさまになる開き具合や、肩がずれないような袖デザインになっています。

 

AMIW(アミウ)の背中開きブラウスは、クリーンなブラウスの背中がレースアップデザインになって登場。

 

上質な素材で仕立てられたシャツは、背中が広く開いていても、きちんと感がある大人っぽい雰囲気です。

 

可愛いプリント柄の服も狙い目

 

ストライプ柄なのに甘いテイストの服

 

ストライプ柄トップス

 

甘いストライプが、春ファッションのトレンドとして浮上してます。

 

今まではシンプルなストライプ柄シャツワンピだったのが、ギャザーをよせてふんわり感をだしたり、袖コンシャスなストライプに進化。

 

春服のストライプはシンプルだけじゃない、女の子らしい柔らかさがプラスされています。


 

花柄は、甘くないのが今年っぽい

 

花柄ブラウス

黒をベースにした、ヴィンテージライクな花柄シフォンは、パンツスタイルに合わせると適度に女っぽい着こなしになります。

 

詰まり気味の衿や直線的なプリーツをあしらった胸元が、花柄を甘くないデザインに昇華。

 

甘い花柄を甘くじゃなくて、かっこよく着こなすのが2017年の花柄ファッションです。


 

パンツやスカートを買うならキレイ色

 

きれいな落ち感のベージュピンクのパンツ

liflattie ships(リフラティシップス)のワイドパンツは、淡いピンクのきれいな落ち感と、センタープレスのきれいめパンツ。

 

ベージュよりもすこしだけ明るめのピンクが、着こなしをフェミニンに見せます。

 

とろみ素材の黒ブラウスを、前だけINしてスタイルアップ。シルバーの靴とサングラスをアクセントにします。

 

スモーキーなダスティブルーのスカート

SHIPS ( シップス )からでているスモーキーな発色がきれいな、ダスティブルーのスカートは、コーデュロイの表情がやわらかな春の雰囲気に合う、シックでカジュアルなスカートです。

 

ネイビーのニットトップスを、スカートにINしてブルーグラデーションを意識して、白小物でメリハリをつけます。

 

てろんとした生地のパジャマみたい服

 

パジャマみたいな服

締め付けのないシルエットで、てろんとした素材のパジャマみたいな服が、2017年春ファッションで人気上昇中。

 

コーデに1枚加えると、抜け感やリラックスした雰囲気がプラスされます。

 

シルク素材のトップスやパンツ、ゆったりめな身幅のシャツなどが数多くでています。

 

今年のレースと刺繍は、ボヘミアン&スイート

春になると着たくなるレースや刺しゅうアイテムは、鮮やかな色のコントラストや、凝ったカットワークデザインなど、今までにない新しいデザインが注目されてます。

 

蛍光ピンクの糸で刺しゅうをほどこしたり、ピンクの発色がきれいな総レースのスカートなど、レディース春服では今までにない、新作アイテムが続々登場しています。

 

春の大人のオシャレなら、黒のロングワンピース

黒のロングワンピースは、着るだけでオシャレの格を上げてくれる洋服です.。

 

黒のシンプルなスタインドカラーのシャツワンピースには、首もとにドットスカーフを巻いて、赤いバレエシューズ、バスケット風のコンパクトバッグを合わせるだけで、ドレスアップできます。

 

黒ワンピにデニムをレイヤードして大人カジュアルに着たり、トレンチコートと革小物などの辛口小物でコンサバスタイルも楽しめます。

 

レディース春ジャケットは、こなれ感がポイント

ノーカラージャケットは、カーディガン感覚で着こなせて、どんなアイテムにも合わせられます。

 

デコルテが広くあいたリブニットトップスに羽織ると、リラックスした抜け感のあるコーデになります。

 

ブレザータイプなら今年は、金ボタンの紺ブレザーがリバイバル。コンパクトなサイズを選ぶとあか抜けた印象になります。

 

大人可愛いナチュラル服に、さりげない「抜け感」をプラスする方法

ざっくりしたセーターだったり、ゆったりシルエットのワンピースだったり、大人可愛いナチュラル服は、着ていて楽チンですが、それだけだと、ちょっと「普通過ぎる」場合もあるんですよね。

 

そんな時に使えるのが、ベージュのワントーンで揃えて「抜け感」を作る方法。

 

大人っぽさに加えて、上品で知的な感じもあるベージュなら、大人可愛いナチュラル服に、オシャレな「抜け感」をプラス出来ます。

 

ハイネックニットにチノパンをはいて、チェスターコートを羽織るコーデ

ハイネックニットにチノパンをはいて、チェスターコートを羽織るコーデ

 

リブ編みのハイネックニットに、9分丈のチノパンをはいて、チェスターコートを羽織るコーディネートは、ベージュ系で揃えながらも、アイテムの色を、微妙に変えていくとオシャレに見えます。

 

ポイントは、インナーのセーターとチノパンは薄めの色合いにして、チェスターコートを濃い色合いにすること。

 

中を薄い色にして、アウターを濃い色にすることによって、全体的に、引き見舞った印象になります。


 

上下ベージュのニットなら、大人っぽい小物をプラス

上下ニットのナチュラルコーデに大人っぽさをプラス

 

ベージュのケーブル柄の丸首ニットに、ボトムスもニット素材のスカート…っていうようなナチュラルコーデには、大人っぽい小物が意外にハマります。

 

例えば、靴には、スニーカーじゃなく、ハイカットブーツをはいて、頭には、大人っぽいハットをかぶる…などです。

 

ナチュラル服だけだと、ほっこりし過ぎる時には、少し大人っぽいデザインの小物を合わせるコーディネートを試してみてくださいね。